自分で出来る簡単マッサージ方法
肩こりから、むくみまで様々なマッサージを紹介していくマーくんのブログ
プロフィール

massazi

Author:massazi
初めまして、
マッサージが大好きなマーくんです

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

blogリンク

ユーザータグ

ブログパーツ

  • SEOブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほほ骨の張りに効果的なマッサージ
ほほ骨が張っていると、
顔が大きく見えてしまいます。

PR:大田区 出張マッサージ

マッサージで頬骨の下に溜まりがちな
水分を流して、血行を施すと、
ほほ骨の張りの解消に効果的です。

マッサージで、ほほ骨の張りをほぐしましょう。

PR:アロママッサージ 奈良

~ほほ骨の張りを解消するマッサージ~

①小鼻の横に人差し指~薬指をあてて、
 頬骨に沿って、小鼻から
 こめかみにさすりあげていきます。
 20回程度マッサージします。

②両手を頬骨の外側に密着させて、
 頬骨の筋肉を上へ持ち上げます。
 20回程度マッサージします。


スポンサーサイト
全身のむくみを解消するマッサージ方法
むくみは、水分を摂り過ぎているから
引き起こすのではなく、全身の流れが滞っていて、
水分や老廃物が、体にたまって
排泄できない状態になることで起きています。

全身のむくみを解消するには、リンパの流れを改善して、
水分と老廃物を排泄させやすくする必要があります。

リンパ節の滞りを取り除くマッサージを実施して、
水分と老廃物を身体の外に排出しましょう。

~全身のむくみを解消するマッサージ方法~

①.足裏のツボを刺激する
足の裏の硬い部分を中心に両親指で刺激します。
足の人差し指の下にある「湧泉」のツボは、
むくみの解消に効果的なツボです。

②.足のリンパをさする
両手の平を足首にあてて、脚の内側を
リンパの流れに沿って、脚の付け根方向に、
やさしくさするようにマッサージします。
左脚も同様の方法でマッサージして下さい。

③.そけい部をさする
仰向けの状態から、ひざを立てて、
両手の平を使って、そけいリンパ節を
外側から内側へ向けてさするようにマッサージします。
この部分が硬い時は、まず付け根を、
親指で押してからマッサージすると効果的です。

④.首のリンパをさする

・親指以外の4本の指を、耳の後ろにあてます。
 そこから、肩先に向かって、
 リンパを流すようにマッサージしましょう。

・次に耳の後ろに4本の指をあてます。
 そこから鎖骨リンパ節に向かって
 流すようにマッサージして下さい。

・仕上げに両手の平を使ってフェイスラインに沿って、
 耳の下のリンパ節に向かって軽くさすります。


たるみを予防するマッサージ
顔のシワ、たるみを解消・予防するには、
日頃からの、お肌のケアが大切です。

その方法としては、どこでも簡単に出来る、
たるみ予防のマッサージが手っ取りはやいと思います。

たるみと予防するマッサージといえば、
やはりリンパマッサージが効果的です。

リンパマッサージをして、
顔のたるみ解消・予防+肌の潤いを取り戻しましょう!

~たるみを予防するマッサージ~

①.こめかみに人差し指を当ててから、
  鼻先に向けて軽くマッサージします。
  ※10~20回実施します。

②.①の手順で、最初にあてる場所を、
  こめかみ⇒頬骨⇒頬⇒あごの順番にして、
  同じ方法でマッサージします。
  マッサージは、自然な速さで流してください。
  早すぎてもゆっくりすぎても駄目です。
  これを行うことで、リンパ液や血液がスムーズに
  流れるようになって、たるみを解消方向に
  向かわせることが出来ます。

③.出来ればでいいですが、マッサージ後に、
  コラーゲンやヒアルロン酸を摂取しましょう。

リンパマッサージを行うときは、優しく行ってください。

強さは軽くで大丈夫です。

指は中指か薬指を使用して、
基本的に上から下へと流すように動かしましょう。
肩こりマッサージの仕方
肩こりマッサージの仕方にはコツがあります。

それは、一生懸命にやりすぎない事です。

こんなことを書くと、お叱りをいただきそうですが、
ポイントを押さえた仕方をしていれば、
肩こりマッサージの効果は上がります。

マッサージを気持ちよいですが、
誰かにするとハードな作業だと思ってる方はいませんか?

それはマッサージの仕方が、筋肉の事を理解せずに、
行うことが原因だと思います。

そもそも、肩こりを解消するマッサージは、
筋肉に触れので、闇雲にすると、
指や腕を痛め疲れさせるだけです。

プロのマッサージは、肩だけをほぐさないですよね。

それは、筋肉が、どのようについているかを、
理解しているからです。

いきなりプロのように筋肉について、
理解するのは難しいですが、意識するだけでも
肩こりマッサージの仕方のコツがみえてきます。

また、肩こりの場所だけを、一生懸命にマッサージすると、
指を痛めますので、まず肩をホットタオルやカイロなどで、
温めて、肩こりマッサージをすると楽ですよ。

マッサージで目を大きくする方法
今回は、マッサージで、
目を大きくする方法を、ご紹介します。

まずは、「クレンジングオイル」などを、
すべりを良くするために準備します。

最近のクレンジングオイルには、
メイクを落とすだけでなく、
リラックス効果をもった香りつきのものがあります。

マッサージをしながら、
同時に心もリフレッシュもできるので、
できるだけクレンジングオイルを使用しましょう。

それでは、本題の
「目を大きくするマッサージ方法」をご紹介します。

~目を大きくするマッサージ方法~

①.顔の洗顔
顔全体をお湯で洗い、皮膚を柔らかくしましょう。
洗顔が終わったら、
乾いたタオルで、軽くタオルドライします。


②.顔のマッサージ
クレンジングオイル等を使って、
顔全体をマッサージしましょう。

③.人差し指を添える
顔全体のマッサージが終わったら、
まずは、目頭側に下から人差し指を添えましょう。
このとき、右目をマッサージする場合は、
右手の人差し指を使います。

④.指を移動させる
人差し指を、そのまま、
こねるように目尻側に移動します。
指導したら、目尻側に人差し指を止めておきます。

⑤.中指を目頭側に添える
次に中指を目頭側に添えます。
※添えるのは、もともと人差し指があった場所

⑥.添えた中指を移動させる
添えた中指を、先ほどの人差し指と、
同じように目尻側に向って、こねるように移動します。

⑧.2本の指を目尻側に流す
そうすると、目尻側にある人差し指と、
中指がぶつかりますので、
その時に、一気に2本の指を目尻側に流してやります。

⑨.繰り返し
この動作を片目ずつ、
それぞれ10回ほど繰り返して下さい。

この方法は、まぶたのリンパの流れを促進して、
溜まった脂肪を押し流してやることにより、
まぶたをすっきりさせて目を大きくします。

このマッサージ方法は、二重になりやすい、
まぶたになりますし、目が大きく見えるようになります。

ただし、効果には個人差があるので、
このマッサージ方法で、目に異常を感じたときは、
すぐにマッサージを中止しましょう。

二重アゴを改善するマッサージ方法
最近、アゴの部分を見ると、
二重アゴが気になるって方はいませんか?

魅力的なマッサージ方法は、世田谷 マッサージの他にも数多くあります。

顔の筋肉は、普段あまり意識してを使いません。

二重アゴを改善するには、
普段使っていない、顔の筋肉をしっかりと鍛えて、
シャープで、引き締まったなフェイスラインを、
作れるように、マッサージをしていきましょう。

ちなみに世田谷 アロママッサージもオススメですよ。

~二重アゴを改善するマッサージ方法~

①.口を閉じて、顔を上に向けます。

②.その状態で、さらに、あごを突き出します。
  あごから、のどにかけてのツッパリ感を感じながら、
  この体勢を、5秒間キープします。

③.①の状態に戻って、顔を上に向けます。
  それと同時に、天井に向かって舌を出して、
  この体勢を、5秒間キープします。

④.舌を引っ込め、口を閉じ5秒間ほど、
  そのままの状態で、ゆっくり元の状態に戻ります。

⑤.①~④を、3回繰り返します。

この方法を毎日、続けましょう。
続けることで、アゴの部分が引き締まっていきます。

小顔になるためには、まず二重アゴを、
しっかり改善・解消すると良いでしょう。

二重アゴを解消すると、
顔全体を、見たときの印象がと変わります。


腰の冷えに効果的なリンパマッサージ方法
リンパマッサージは、身体の老廃物を運んでいる、
リンパ液の流れをスムーズにして、
老廃物や、毒素を尿として排出しやすくするものです。

今回、紹介する方法は、自分ひとりで、短時間で出来るので、
気が向いた時に、こまめに行うと良いと思います。

ただし、注意点として、熱がある場合や、
ケガ、化膿した部分には行わないようにして下さい。

~腰の冷えに効果的なリンパマッサージ~

①.両脇腹から、足のつけ根へ向かってさすります。
②.お尻から、足のつけ根に向かってさすります。
③.足のつけ根を、押します。
④.おなかを、時計まわりに押しながら、さすります。
⑤.腰から、お尻の中央を上下にさすります。

この①から⑤を、3回以上繰り返して下さい。

リンパマッサージの前後に体温をはかってみましょう。
その差は明らかで、低体温の人ほど、アップ効果が高くなります。

身体の左右で、温度差がある人も、悩みを改善出来ます。

腰の冷えに悩む人は、このリンパマッサージ方法で、
血液の流れを促して体温を上げ、
体内の老廃物を、流し出してしまいましょう。

脚のリンパマッサージ方法
脚を、キレイに見せたくて、ヒールの高い靴を履いたり、
スリムなパンツや、ミニスカートが欠かせない、
そんな方は、疲れがたまって、
むくみや冷えが、発生する可能性が高くなります。

脚のラインを、美しく磨きあげるためにも、
脚に疲れがたまるその前に、リンパマッサージで、
きちんとケアしましょう。

今回は、誰もが手軽にできる、
リンパマッサージの方法をご紹介します。

美習慣のひとつとして、
この方法を取り入れてみませんか?

・脚のむくみをとる リンパマッサージの方法

①. 鼠径(そけい)リンパ節のマッサージ
床に寝転んで、脚をまっすぐ伸ばします。
そして、足のつけ根部分の鼠径(そけい)リンパ節に、
指を、さしこむようにして刺激しましょう。

②. 鼠径(そけい)リンパ節さする
片脚を上げて、ひざを曲げます。
両手で、脚の後ろ側をもって、
足首から、丁寧に鼠径(そけい)リンパ節を、さすり上げます。

③.逆の足のマッサージ
同様に逆の脚も。①~②の動作を左右3回ずつ行います。

太ももを細くするリンパマッサージ
太ももって、なかなか痩せにくいから、とても気になりますよね。

太ももダイエットのダイエットをしたいという方は、
今回、紹介するリンパマッサージを、
取り入れる事で、効果を高めることができます。

①.足の裏全体を押す。
足の裏から、親指を使って足の裏全体を押します。

②.まんべんなく、足の甲をマッサージ。
両手を使用して、ツボを押すように丁寧にマッサージします。

③.足の指の付け根をマッサージ
足の指の付け根の部分を、
手の親指を使って、揉むようにして押していきます。
※足の指を1本づつつまみながら丁寧に

④.ふくらはぎのマッサージ
足くびから、ひざ裏に向かい、
下から上へゆっくりさする感じでマッサージします。

⑤.太もものマッサージ
太もも内側を、ひざから足の根本へ向かって、
ゆっくりとさすり、内側の後に外側も、同様にさすります。
足先から太ももへ、ゆっくりリンパ液を流すイメージで行いましょう。
※もちろん両足行います。

むくみに効くリンパマッサージ
むくみは、水分を取りすぎているのが原因ではなく、
全身の流れが滞っているから、水分や老廃物が体にたまり
排泄できなくなっている状態です。

水分と老廃物を外に排泄するには、
リンパの流れを改善し水はけのいい体をつくりましょう。

・むくみに効くリンパマッサージ方法

①.腹部を押す、さする
あお向けの状態から、ひざを立てます。
4本の指をみぞおちにあててから、
肋骨に沿い内側から外側へおした後に、さすっていきます。

②.手のひらにあるツボを押す
手のひらの中央部には「労宮」というエネルギーアップのツボがあります、
このツボに反対側の手の親指を垂直にあて、3~5秒ゆっくり押します。
※反対の手のひらも同様に行います。

③.腕の内側をさする
手首の内側に4本の指をあてます。
そして、腋窩リンパ節に流し込むように、
手首からワキへ向かってさすります。
※反対の手のひらも同様に行います。

④.かかとの中央を押す
足裏のかかと中央にある「失眠」のツボを、
両手の親指を重ねた状態で体重を乗せながら押します。
※ここは不眠症にも効果のあるツボです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。