自分で出来る簡単マッサージ方法
肩こりから、むくみまで様々なマッサージを紹介していくマーくんのブログ
プロフィール

massazi

Author:massazi
初めまして、
マッサージが大好きなマーくんです

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

blogリンク

ユーザータグ

ブログパーツ

  • SEOブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足のむくみを解消するグッズ
足のむくみを解消する方法は、
なにもマッサージだけではありません。

足のむくみ解消するグッズを利用するのも効果的です。

現在は、沢山のむくみを解消するグッズが出ています。

その中でも、私がお勧めしたいのは、
足のむくみを解消するサンダルです。

サンダルなんかで、どうして足のむくみが
解消するのか分からないという方もいると思いますが、
できちゃうんですよ!これが。

やり方は、簡単でサンダルを履いているだけです。

サンダルを履いた状態で動くだけで、
足のむくみが解消されるんですよね。

もちろん、通常のサンダルを、
履いているだけでは意味ないですよ。

足のむくみを解消するために、
作られたサンダルを履きましょう。

私はお勧めする足のむくみを
解消するサンダルは、「だんだんシューズ」です。

忙しくて、足のむくみを解消する暇がないという方は、
だんだんシューズを利用してみましょう。
スポンサーサイト
全身のむくみを解消するマッサージ方法
むくみは、水分を摂り過ぎているから
引き起こすのではなく、全身の流れが滞っていて、
水分や老廃物が、体にたまって
排泄できない状態になることで起きています。

全身のむくみを解消するには、リンパの流れを改善して、
水分と老廃物を排泄させやすくする必要があります。

リンパ節の滞りを取り除くマッサージを実施して、
水分と老廃物を身体の外に排出しましょう。

~全身のむくみを解消するマッサージ方法~

①.足裏のツボを刺激する
足の裏の硬い部分を中心に両親指で刺激します。
足の人差し指の下にある「湧泉」のツボは、
むくみの解消に効果的なツボです。

②.足のリンパをさする
両手の平を足首にあてて、脚の内側を
リンパの流れに沿って、脚の付け根方向に、
やさしくさするようにマッサージします。
左脚も同様の方法でマッサージして下さい。

③.そけい部をさする
仰向けの状態から、ひざを立てて、
両手の平を使って、そけいリンパ節を
外側から内側へ向けてさするようにマッサージします。
この部分が硬い時は、まず付け根を、
親指で押してからマッサージすると効果的です。

④.首のリンパをさする

・親指以外の4本の指を、耳の後ろにあてます。
 そこから、肩先に向かって、
 リンパを流すようにマッサージしましょう。

・次に耳の後ろに4本の指をあてます。
 そこから鎖骨リンパ節に向かって
 流すようにマッサージして下さい。

・仕上げに両手の平を使ってフェイスラインに沿って、
 耳の下のリンパ節に向かって軽くさすります。


疲労を回復する足つぼ
ストレスがたまったり、働き過ぎで疲れがたまると、
体がだるい、手足が重い、 気力が失せるなど、
身体中に、元気が出ない症状が表れてきます。

このような症状は慢性化してしまうと、
大きな病気の原因になることがあります。

【PR①】マッサージ なんば

疲労を取り除くには、しっかりと
睡眠、栄養をとって疲れを回復させて、
翌日にまで疲労を残さないことが大切になります。

今回は、そんな疲労を回復させるのに
効果的な足つぼを紹介します。

ツボを刺激して、疲労回復を施しましょう。

【PR②】出張マッサージ 神田

~疲労を回復する足つぼ~

・足三里(あしさんり)
むこうずねの外側、
ひざ下約10センチの位置にあるツボです。
胃腸の機能も整える効果もあるので、
疲労長寿の万能ツボとされています。

・湧泉(ゆうせん)
足の裏の5本の足指を内側に曲げると
できるくぼみの中にある場所がツボになります。
左右の親指の腹を使って押すと、効果抜群です。
このツボも万能のツボと呼ばれており、
疲労回復の他にも、不眠症にも効果があるとされています。

足つぼで身体のだるさの解消
何となく疲れが抜けない、身体が重い、身体がだるい
このような症状は、はっきりとした病名がないので、
治療することもなく、ずるずると、その症状を引きずり、
いっそう身体のだるさを、辛いものにします。

そのような、何となく体調が悪いといった症状に対して、
足ツボマッサージによる療法は、たいへん効果的です。

これは足の裏に、数多く存在している経穴(ツボ)を
刺激すると、全身の健康を向上させることができます。

特に足つぼは、ツボ療法の中でも比較的簡単にできます。

その為、近年、足つぼ療法は注目されているのです。

また足つぼを刺激する方法には、なぜる・さする
叩く・突く、もむ、揺らす、ふるわすなどがあります。

最近、身体の調子が優れないという方は、
足つぼマッサージを試してみましょう。
たるみを予防するマッサージ
顔のシワ、たるみを解消・予防するには、
日頃からの、お肌のケアが大切です。

その方法としては、どこでも簡単に出来る、
たるみ予防のマッサージが手っ取りはやいと思います。

たるみと予防するマッサージといえば、
やはりリンパマッサージが効果的です。

リンパマッサージをして、
顔のたるみ解消・予防+肌の潤いを取り戻しましょう!

~たるみを予防するマッサージ~

①.こめかみに人差し指を当ててから、
  鼻先に向けて軽くマッサージします。
  ※10~20回実施します。

②.①の手順で、最初にあてる場所を、
  こめかみ⇒頬骨⇒頬⇒あごの順番にして、
  同じ方法でマッサージします。
  マッサージは、自然な速さで流してください。
  早すぎてもゆっくりすぎても駄目です。
  これを行うことで、リンパ液や血液がスムーズに
  流れるようになって、たるみを解消方向に
  向かわせることが出来ます。

③.出来ればでいいですが、マッサージ後に、
  コラーゲンやヒアルロン酸を摂取しましょう。

リンパマッサージを行うときは、優しく行ってください。

強さは軽くで大丈夫です。

指は中指か薬指を使用して、
基本的に上から下へと流すように動かしましょう。
バストマッサージ方法のポイント
バストアップマッサージの方法には、
注意するポイントが、いくつかあります。

それは、バストアップのマッサージをする時は、
基本的に、下から上へ持ち上げるように、
そして外側から内側へ寄せるようにして、
マッサージを行っていくことです。

バストアップの効果を、あげようとするあまり、
手に力が入り過ぎる人がいますが、
強くバストをマッサージしてしまうと逆効果です。

バストマッサージの方法は、
ほどよく力を入れることがポイントです。

また、バストアップマッサージの方法は、
バストアップ用のクリームやジェル、オイルを使用すると、
よりスムーズにマッサージできて、その効果も高まります。

これらの商品には、バストアップに効果のある成分が、
含まれており、香りがついたものならば、
リラックスしながらバストのマッサージができます。

バストアップのマッサージは新陳代謝を改善する
意味合いもあるので、血行が良いときや、
お風呂上がりなどに実施すると、より効果的です。

ボディマッサージの方法
ボディマッサージの方法というと、
揉むという感覚の人がほとんどだと思います。

しかし、マッサージの基本動作には、
揉むの他にも、摘む、叩く、伸ばす、曲げる、
回す、捩る、摩る、擦り込む、
緊張させるなどの方法があります。

それぞれに行う理由や、効果がきちんとあり、
組み合わせると、良い相乗効果を生ぬことができます。

今回は、その方法の一部を紹介します。

・揉む
ボディマッサージの基本となる方法で、マッサージと聞けば、
揉む動作といえば、すぐに思い浮かべる動作です。
揉むの一番の目的は、ほぐして、柔らかくする事です。

・叩く
この動作を甘くみたらいけません。
美顔もパッティングが基本となります。
同じ様にボディを叩いてあげるのも大切なことです。

・伸ばす
ストレッチのように身体を伸ばします。
寝る前と起き抜けにしたら良いでしょう。

・曲げる、捻る
柔軟体操と同じ感覚です。柔軟体操だって、
立派なマッサージ方法なんです。
燃焼が激しい運動だけでなく、
柔らかいストレッチを含んだ体操も大切ですよ。

肝臓マッサージの方法
肝臓という臓器は、人間の臓器の中でも、
非常に大事な要素を持っています。

肝臓には解毒する力があり
二日酔いで苦しい時、アルコールを、
分解してくれる働きをしてくれます。

二日酔いは、肝臓がアルコールを分解する、
処理能力を超えることが原因です。

肝臓の機能が強ければ、
二日酔いの状態で、マッサージ 杉並区を、
利用することはありません。

また、体が疲れる物質を、
解毒するのも肝臓の仕事です。

今回は、そんな肝臓を、
元気にするマッサージ方法を紹介します。

肝臓の疲れを、渋谷 マッサージの、
マッサージ方法のように癒してあげましょう。

~肝臓マッサージの方法~

肝臓は体の右の胸の下あたりの場所にあります。

自分の足や肩をマッサージするように、
手で押したり、揉んだりしましょう。

肝臓もマッサージすると強化できます。

また、肝機能の強化を強化するツボとして、
期門、章門、肝兪のツボがあります。

このツボを刺激する方法も効果的です。
肩こりマッサージの仕方
肩こりマッサージの仕方にはコツがあります。

それは、一生懸命にやりすぎない事です。

こんなことを書くと、お叱りをいただきそうですが、
ポイントを押さえた仕方をしていれば、
肩こりマッサージの効果は上がります。

マッサージを気持ちよいですが、
誰かにするとハードな作業だと思ってる方はいませんか?

それはマッサージの仕方が、筋肉の事を理解せずに、
行うことが原因だと思います。

そもそも、肩こりを解消するマッサージは、
筋肉に触れので、闇雲にすると、
指や腕を痛め疲れさせるだけです。

プロのマッサージは、肩だけをほぐさないですよね。

それは、筋肉が、どのようについているかを、
理解しているからです。

いきなりプロのように筋肉について、
理解するのは難しいですが、意識するだけでも
肩こりマッサージの仕方のコツがみえてきます。

また、肩こりの場所だけを、一生懸命にマッサージすると、
指を痛めますので、まず肩をホットタオルやカイロなどで、
温めて、肩こりマッサージをすると楽ですよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。