自分で出来る簡単マッサージ方法
肩こりから、むくみまで様々なマッサージを紹介していくマーくんのブログ
プロフィール

massazi

Author:massazi
初めまして、
マッサージが大好きなマーくんです

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

blogリンク

ユーザータグ

ブログパーツ

  • SEOブログパーツ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏頭痛を和らげるマッサージ
偏頭痛を和らげるツボは、知っておくと便利なツボです。
対応しているツボは、完骨と天容です。
また、顔にある瞳子りょうも偏頭痛に対応するツボです。

完骨(かんこつ)
耳の後ろ側にある骨の膨らみの下の部分から、指1本分うえに位置します。
指に頭の自重をかけ、指も上に押しこむ要領で刺激します。
首筋全体をマッサージするとマッサージ効果がアップします。

天容(てんよう)
完骨ツボと同じ筋上で、下あごの角の下に位置します。
天容のある筋全体をマッサージしましょう。

瞳子りょう(どうしりょう)
承泣ツボの指1本外側にあるくぼみに位置します。
指の腹を使って、弱く刺激します。

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

鼻の黒ずみを解消するマッサージ方法
鼻の黒ずみを、今すぐにでも解消したい!

そんな方は、お風呂の時間を、
最大限に活用しましょう。

小鼻に目立つ黒ずみは、お風呂で毛穴を開いて、
効果的に角栓を除去しましょう。

~鼻の黒ずみを解消するマッサージ方法~

①.蒸しタオルを使って毛穴を開く
熱めの蒸しタオルを、湯気のたった浴室で、
1~2分鼻の上にのせます。
こうすれば、毛穴を十分に開きます。

②.小鼻の横をマッサージする
オイルやスクラブクレンジングを使って、
鼻を丁寧にマッサージしていきましょう。
下から上の方向に指を動かして、
詰まった角栓を浮き上がらせるようにしましょう。

③.鼻筋を丁寧にマッサージする
鼻筋を上下に指の腹を動かすようにして、
皮脂を丁寧に取り除くようにマッサージします。
力を入れすぎてゴシゴシしないように注意しましょう。
ボディマッサージの方法
ボディマッサージの方法というと、
揉むという感覚の人がほとんどだと思います。

しかし、マッサージの基本動作には、
揉むの他にも、摘む、叩く、伸ばす、曲げる、
回す、捩る、摩る、擦り込む、
緊張させるなどの方法があります。

それぞれに行う理由や、効果がきちんとあり、
組み合わせると、良い相乗効果を生ぬことができます。

今回は、その方法の一部を紹介します。

・揉む
ボディマッサージの基本となる方法で、マッサージと聞けば、
揉む動作といえば、すぐに思い浮かべる動作です。
揉むの一番の目的は、ほぐして、柔らかくする事です。

・叩く
この動作を甘くみたらいけません。
美顔もパッティングが基本となります。
同じ様にボディを叩いてあげるのも大切なことです。

・伸ばす
ストレッチのように身体を伸ばします。
寝る前と起き抜けにしたら良いでしょう。

・曲げる、捻る
柔軟体操と同じ感覚です。柔軟体操だって、
立派なマッサージ方法なんです。
燃焼が激しい運動だけでなく、
柔らかいストレッチを含んだ体操も大切ですよ。

肝臓マッサージの方法
肝臓という臓器は、人間の臓器の中でも、
非常に大事な要素を持っています。

肝臓には解毒する力があり
二日酔いで苦しい時、アルコールを、
分解してくれる働きをしてくれます。

二日酔いは、肝臓がアルコールを分解する、
処理能力を超えることが原因です。

肝臓の機能が強ければ、
二日酔いの状態で、マッサージ 杉並区を、
利用することはありません。

また、体が疲れる物質を、
解毒するのも肝臓の仕事です。

今回は、そんな肝臓を、
元気にするマッサージ方法を紹介します。

肝臓の疲れを、渋谷 マッサージの、
マッサージ方法のように癒してあげましょう。

~肝臓マッサージの方法~

肝臓は体の右の胸の下あたりの場所にあります。

自分の足や肩をマッサージするように、
手で押したり、揉んだりしましょう。

肝臓もマッサージすると強化できます。

また、肝機能の強化を強化するツボとして、
期門、章門、肝兪のツボがあります。

このツボを刺激する方法も効果的です。
簡単ハンドマッサージ方法
乾燥しやすい季節になると、
手足のカサつきが気になってきます。

今回は、そんな手の乾燥を守る、
簡単に出来るハンドマッサージの方法を紹介します。

また、ボディの肌質を判断するときは、腕と足、
首や胸の乾燥をチェックするといいでしょう。

朝起きたときに、手がザラザラして、
白っぽく見えるときは、乾燥傾向が強いので、
この方法(ハンドマッサージ)でマッサージしましょう。

特に手は比較的露出する部位なので、
ここの状態が、肌全体のバランスに大きく影響を与えます。

~簡単ハンドマッサージの方法~

①.手のひらにマッサージローション・オイルを、
  広げて人肌に温めて下さい
  ※ローションが冷たいと毛穴を縮めてしまいます。

②.両手にローションを良くなじませた後に、
  手の甲を、親指の腹の部分を使って、
  円を描くように10回くらいマッサージします。

③.人差し指と中指の第2関節の間に指を挟みます。
  指をスポンと抜くように引っ張って、
  指先を軽く持ってゆっくりと回します。
  5~10回程、左の小指から順番に、
  右回しと左回しにマッサージしましょう。

④.小指から、今度は指の上面を親指の腹を使って、
  円を描くように、回しながら、指の付け根から、
  先端に向かってマッサージしていきましょう。
  とくに、甘皮の場所は丁寧にマッサージします。

⑤.指の側面を、親指と人差し指を使って小指から1本ずつ、
  根元から指先まで前後にこすってマッサージします。
  往復5~10回くらい行いましょう。

⑥.親指の腹を使って、指と指の間を、
  指圧する要領で押していきます。
  その後こぶしを使って、5~10回、
  手のひらの中央部分を押します。

⑦.自分の右手と左手の指を絡めて、
  手首をゆっくりと5~10回大きく回して下さい。
  手の平と手全体を、指の腹でよく揉みほぐします。

顔のたるみを防止するマッサージ方法
顔のシワ、たるみを防止するには、
日頃から、お肌のケアをすることが大切です。

方法としては、たるみマッサージが、
手っ取りはやいと私は思います。

たるみを防止するマッサージで、
顔のたるみ解消して、肌の潤いを取り戻しましょう。

~顔のたるみを防止するマッサージ方法~

まず下準備として、化粧を落とし、
顔を暖めておきましょう。

蒸しタオルなどを、顔に当てて、
顔を暖めましょう。

①.まずは、こめかみに人差し指を当てて、
  鼻先の方向へ向かって軽くマッサージしてください。
  ※10~20回

②.①の手順で、最初にあてる場所を、
  こめかみ⇒頬骨⇒頬⇒あごの順番にして、
  前回と、同じようにマッサージしてください。
  コツは、自然な速さで流すことです。
  早すぎても、ゆっくりすぎてもダメです。

③.これは、出来ればでいいのですが、
  ヒアルロン酸や、コラーゲンを、
  マッサージの後に摂取するとより効果的です。
自分で出来る育毛マッサージ方法
昔から育毛マッサージは、
育毛に効果がある方法として人気が高いです。

この方法は、出張マッサージ 東京でも注目されています。

育毛マッサージは、手軽に自分で出来て、
お金がかからない方法なのも、
人気の理由の一つだと思います。

育毛マッサージは、頭皮を刺激することで、
頭の血行促進を改善して、頭皮をやわらかくし
髪の毛へのダメージを和らげる方法です。

頭皮が堅いと、当然抜け毛の原因になります。

この育毛マッサージ方法で、
抜け毛の対策をしましょう。

それでは、マッサージをする前に、
手の爪が伸びていないか、確認しましょう。

このことは、マッサージ 豊島区でも、
非常に重要なことだと、されています。

爪が伸びていると、
頭皮を傷つける可能性があります。

マッサージの方法は、まず頭の血管の流れに沿って、
手首のスナップを、きかせながら、指の腹と使って
頭皮をトントンと軽く叩いていきます。

叩く強さは、個人差があると思いますが、
自分が気持ち良いと感じる程度で大丈夫です。

次に、両側の側頭部の皮膚を、指の腹を使って、
押し上げて、 頭頂部の皮膚を緩めていきます。

また、同じようにして、前頭部、
後頭部の皮膚も押し上げて皮膚を緩めていきます。

頭皮全体を、ゆっくりと揉む感じでマッサージしましょう。

このような自分でも出来るような、
簡単なマッサージで、頭皮の血行を良くして、
頭皮も柔らかくすることが出来ます。

育毛の為にも、毎日、頭皮マッサージを続けましょう。

フェイスマッサージ方法のご紹介
20代の方でもほうれい線が、
目立ってイヤだとういう話を聞きます。

ほうれい線を消すため方法は、様々ですが、
安全で、自分でできることと言えば、
やはりフェイスマッサージが良いと思います。

顔の「たるみ」、「しわ」の原因は、
顔の筋肉が老化したことで起こります。

顔をマッサージするということは、
たるみや、ほうれい線に効果的です。

また、このマッサージは、
ほうれい線が出る前の、若い頃から、続けていると、
若々しい顔を持続することができます。

フェイスマッサージは、すぐに効果が表れませんが、
毎日マッサージすることで、見違えるようになるはずです。

~顔のマッサージ(フェイスマッサージ)方法~

①.額のマッサージ
おでこの真ん中に、4本の指腹(親指以外)を、
若干力を入れて押し当てて、
そのまま左右のこめかみ向かって撫でていきます
※5回前後実施します

②.口元と小鼻のマッサージ
中指と薬指の腹を、あごの下に当てて下さい。
そこから、楕円を描くように、左右の唇の真横、
鼻の下、左右の唇の真横、あごの下へとマッサージします。
※5回前後実施します。

次に小鼻の両くぼみに、軽く中指の腹を押し当て、
くぼみに沿って、なでるようにマッサージしましょう。
※15回前後実施します

③.目元のマッサージ
両側の目尻に、中指の腹を軽く押し当てます。
そこから、円を描くように目の周りをマッサージします。
目尻に戻って、指をこめかみに向かって移動して、
こめかみを、若干力を入れて押さえて下さい。
それから、顔のラインに沿って、
耳下腺まで、指を持っていきましょう。
※5回前後実施します

④.頬のマッサージ
親指以外の4本の指の腹を、目の下に当てて、
こめかみ、頬の外側、あごの下へとマッサージして、
あごの下から、目の下へ向かい頬の肉を押し上げます。
それから、鼻の両脇から、
こめかみに向かって、頬の肉を押し上げます。
※5回前後実施します


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。